【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び

【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び


【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び
"ペンチは本来は電気工事用となりますが、先端が曲がっているもの、長いものなど色々な形状があるので覚えておきましょう。

また先端刻みのピッチや高さも様々ありますので細かく浅い刻みの精度の高い製品を選んでください。

ハンドル根元にバネが付いたタイプは、握った後に元に自然に戻るので作業がとっても簡単になります。
もちろん使う人の手の大きさに合っていることも大事なことです。

さて最後に簡単にラジオペンチについてご説明させていただきます。
ラジオペンチの基本的な用途は「はさむ」「切る」「固定」するなどワイヤークラフトに必要なほぼ全ての作業をラジオペンチ1本で行うことが出来ます。

そんなラジオペンチの選び方としましては、ワイヤークラフトには先が細くまっすぐなタイプを選ぶようにしましょう。"



【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選びブログ:2019/04/14

減量に成功したら、
やっぱり身体のラインはスッキリ見せたいですよね。
そういう意味では、体重や体脂肪率よりも
サイズが重要だと思うんですよね!

だたら、僕は減量中、
身体のサイズを測るべきだと思うんです!

測るところは…
「バスト」「ウエスト」「ヒップ」
「太もも」「こむら」の5ヶ所。

できれば、減量中は
1週間に1回のペースで測るようにしましょう。
そして、きちんと記録を取っておきましょう。

減量中にサイズを測る意味として重要なのは、
体重が減る時期とサイズが減る時期は同時ではなく、
交互に来るということなんです。

つまり、体重が減らない!とイライラする、
いわゆる「停滞期」は、
実は、サイズがキュッと締まってくるタイミングと同じ。

体重がたとえ減っていなくても、
サイズが減っていれば、
減量はうまくいっているという証拠なのです。

なので、自分が「やせた!」と思う時期と、
人から「やせたね!」と言われる時期は、
タイミングがズレるんですね。

自分が減量に成功したと思うのは、体重が減ったときですが、
このときはサイズはまだあまり変わらないので、
見た目には減量がうまくいったように見えません。

逆に、体重が減らなくてちょっと落ち込む時期には、
サイズが減るので、見た目にスッキリとした印象を周りに与えるのです。

でも、最終的に体重がどんなに落ちても、
見た目にあまり変化がないような減量だったら、
あまり意味がないですよね。
素敵な洋服だって、キレイに着こなせません。

たとえ体重はまったく変わってなくても、
腹周りが2cm減ったら、見た目の印象はかなり変わりますよね!

みなさん!減量を成功させて
ナイスバディを手に入れましょう!
【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び

【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び

★メニュー

【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び
【工具/メンテナンス情報】スパナの使い方
【工具/メンテナンス情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工具/メンテナンス情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工具/メンテナンス情報】通販で工具を購入してみよう
【工具/メンテナンス情報】エアコンガスの種類
【工具/メンテナンス情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工具/メンテナンス情報】包装資材に求められる高品質
【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)洗車機情報が勢揃い