【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス


【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
"自動車のバッテリー液が減っていくことにより、電極が外気に触れてしまうために次第に変質をしていってしまいます。
そして電極が変質をしてしまうとバッテリーが蓄えられる電力量が少なくなりバッテリー上がりの原因ともなるのです。

この時にいくらバッテリーを充電したとしても、なかなか充電することが出来ません。

またバッテリーの外部には、配線の端子を接続するプラスとマイナスのターミナルがあり、バッテリーを長期間使っていると汚れが溜まったり錆びたりしますので、定期的なメンテナンスをするようにしましょう。

このようにバッテリーが異常と判断された時の原因の多くは、バッテリー液の不足や電極の変質などが考えられます。
バッテリー液というのは充電中に分解されたり自然に蒸発することで少しずつ減っていってしまいます。"



【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンスブログ:2019/04/18

育児をしているのなら、
お子さんに10時のウンチをきちんとさせた上で、
10時食を軽めにするというようにした方がいい。

10時はからだ自体が食事を要求しているのではなく、
脳が炭水化物を要求しているだけだからだ。

それこそ穀物中心の食事でいいのである。
食欲がないのなら、フルーツジュースを自宅で作り、
それを10時食にしてしまうのがおすすめ!

10時食が軽い分、
14時食と夕食を重くすればいいのだ。

人間は午前11時から消化モードになるので、
14時食こそ重点を置くべきなのである。

でも、平日の生活では忙しいので、
平日の14時食は普通程度にし、
休日の14時食を重たくすればいい。

1日3食にするのではなく、
「1日2食半」というような
食事パターンにすることが理想。

この食事パターンを守ると、
からだは食事の消化吸収のために疲労しなくなり、
お子さんは健康そのものに育って行き、
知能を高くすることができるようになる。

いつも大飯ばかり食べていたら、
お子さんは食事の消化吸収に疲れ切ってしまい、
病気になりやすく、頭も悪くなっていくものなのである。

1日3食にして、
お子さんにたくさんの食事を与えた方が
健康になるのではないかと疑問に思う人もいるだろうが、
栄養豊富な土壌では逆に食物が健全に育たなくなるように、
お子さんも栄養豊富だと逆にからだを弱らしてしまう…

裕福な家庭のお子さんに限って
病気がちなのはこのためである。

人間をはじめとする全ての生命体は、
栄養が足りないのではないかと思う地においてこそ、
からだを活性化させ、その不足している栄養を
しっかりと吸収していこうとするのだ。
【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

★メニュー

【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び
【工具/メンテナンス情報】スパナの使い方
【工具/メンテナンス情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工具/メンテナンス情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工具/メンテナンス情報】通販で工具を購入してみよう
【工具/メンテナンス情報】エアコンガスの種類
【工具/メンテナンス情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工具/メンテナンス情報】包装資材に求められる高品質
【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)洗車機情報が勢揃い