【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは

【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは


【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは
"自動車のエンジンオイルのメンテナンスを怠ってしまうと、最初の内は燃費の悪化や出力低下等の症状が出てくるだけですが、次にエンジンの異音などが生じてきます、

しかしその時点ではもうすでに遅いといえ、そのまま車を使用し続けてしまうと、最終的にエンジンが焼きついて破損してしまい走行不能になり、とても高い修理費が必要となってきてしまいます。

さて私達が利用している自動車というのは数万点の部品と、さらに約10数種類程度の油脂類で構成されています。
そんな油脂類の中でも車の保有者が最も気にしてメンテナンスしなければいけないものがエンジンオイルなのです。

エンジンオイルは車にとって非常に重要なものだと考えてください。"



【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とはブログ:2019/06/24

読者様は、腹筋体操をすると、
腹周りの脂肪がなくなって、
腹がへこむと思っていませんか?

実は、それは大きな勘違いなんです。

腹筋体操を日々続けていると、腹筋がつくので、
確かに腹が引き締まったように見えます。

しかし、
引き締まって見えるのは、あくまで腹筋がついたからであって、
気になる皮下脂肪は、
残念ながらそのまま皮下脂肪として腹に残っているのです。

腹周りに限らず「脂肪」というものは、
筋肉を動かすためではなく、エネルギーを溜めておくために存在しています。ですから、腹筋を使ったからと言って、
その周りを覆っている脂肪も一緒に使っているわけではありません。

また、腹筋体操は、
脂肪を燃焼させるための体操でもないんですよね。

脂肪燃焼に効果がある体操と言えば有酸素体操ですが、
腹筋体操は、この有酸素体操には属しません。

腹筋体操のようなすぐに終わってしまう体操では、
脂肪ではなく筋肉に蓄えられている
炭水化物やグリコーゲンが使われてしまうのです。

「じゃあ、がんばって腹筋体操しても意味がないんだ…」
と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

腹筋が衰えてくると、
内臓の重みで腹がぽっこりと出っ張ってきますし、
ギックリ腰などの腰痛の原因にもなります。

しかし、腹筋をつければこれらを防ぐことができますし、
引き締まった美しい体を手に入れることもできます。

また人間の体は、
常に動かしているところには脂肪がつきにくいようにできています。
ですから、きちんと腹筋体操を続けていれば、
腹の周りに皮下脂肪はつきにくくるのです。


【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは

【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは

★メニュー

【工具/メンテナンス情報】用途に合わせてペンチ選び
【工具/メンテナンス情報】スパナの使い方
【工具/メンテナンス情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工具/メンテナンス情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工具/メンテナンス情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工具/メンテナンス情報】通販で工具を購入してみよう
【工具/メンテナンス情報】エアコンガスの種類
【工具/メンテナンス情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工具/メンテナンス情報】包装資材に求められる高品質
【工具/メンテナンス情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)洗車機情報が勢揃い