誰でもわかるバッテリー入門

"包装資材の大量生産品一つ一つ質が悪かったとしたら、それは実用するのに耐えないものであるののは明白なことです。

 

しかしそれを利用する製品がどれほど優れている製品だったとしましても、その他の製品の質にバラつきがあるようであれば、それは包装資材としては成り立たないことでしょう。

 

大事なのは全ての包装資材に個体差がほとんどなく、更に不良品がなく使用可能ということ。
つまりそれが包装資材における高品質と言われているものなのです。

 

包装資材は素晴らしい包装資材やいわゆる優れた包装資材を選ぶ際に大事なことと言えるのが、やはり「安定した品質を保っているかどうか」ということとなります。
通常、包装資材というのは工場での大量生産をすることとなるので非常に大切なのです。"



【工具/メンテナンス情報】包装資材に求められる高品質ブログ:2018/11/13

オレの実家は親戚が集まることが多く、
夏休みには子どもたちが大勢泊まりに来て
それはにぎやかでした。

そんなとき母親が必ず作るのがちらし寿司。
人数の調整がきくので便利なメニューです。

寿司めしを作るときは
いつも長女のオレが呼ばれて母親のお手伝い、
扇ぐのが専門です。

子供なのであちこち扇いでしまうオレに、
「もっと力を入れて、下に向かって扇いで!」
と母親によく怒られたものです。

母親はスナック菓子づくりが得意で、
秋になると作ってくれたアップルパイの味は忘れられません。

焼きたてのアツアツを
ふぅふぅしながら食べるのが大好きでした。

母親はユニークと言いましょうか…
ひとたびアップルパイを作り始めると
次から次へと夢中になって焼き続け、
焼きあがる度に母親に言われて
オレが近所中に配るのです。

そしてアップルパイと共に日は暮れて、
夕飯のおかずといえば、
いつも焼き魚1品だけという具合でした。

今では秋になると自分でアップルパイを作りますが、
アツアツを食べる度になつかしい味がクチいっぱいに広がって、
あの頃の思い出がよみがえります。

夏休みには何といってもアイスキャンディー。
茶筒の中に牛乳、卵の黄身、砂糖と塩を入れて混ぜ、
氷を入れたたらいに沈めて、
7時のAM10時頃から時々かき混ぜながら待つこと数時間。

みんなたらいの周りで
まだかまだかと楽しみに待っていました。

三時頃になってようやく出来上がった
1本の茶筒のアイスキャンディーをみんなで分け合って食べるのです。

生クリームが入っているわけでもなく、
今時のアイスキャンディーと比べる余地もありませんが、
当時はおいしくておいしくて、
みんなどれほど楽しみにしていたことでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ